「2018年03月」の記事

週刊文春(3月29日号)倉持弁護士元妻 慟哭手記とガソリーヌ山尾の顔テカテカ

2018/03/26         

週刊文春(11月2日号)の総選挙結果特集から5か月ぶりにガソリーヌ山尾氏が帰ってきましたw倉持麟太郎弁護士とのW不倫については半年前の9月に文春砲が炸裂。週刊文春の9月14日号、9月21日号と2週連続でぶち上げました。大ネタだったんで、「即、退場コース」かと思いましたが、昨年の10月22日の第48回衆議院議員総選挙では脅威の粘りを見せて、わずか834票差で辛くも当選。【愛知7区】当選:山尾志桜里:12万8,163票次点:鈴木...

伊調馨「パワハラ告発」 週刊文春と週刊新潮の報道は真逆

2018/03/16         

前人未到の五輪4連覇で国民栄誉賞まで受賞した伊調馨選手が、恩師の栄監督からパワハラを受けていたとして「パワハラ告発」騒動が発生。主な告発内容は3つ■伊調馨選手が師事する田南部コーチへの不当圧力■伊調馨選手の男子合宿への参加禁止■伊調馨選手の練習拠点だった警視庁レスリング部への出入禁止処分今年1月18日に貞友義典弁護士が内閣府への告発したのがきっかけですが、騒動が広がったのは3月1日発売の週刊文春(3月8日号)...

ニューズウィーク日本版(3月6日号) 『禁断の医療』 セルジオ・カナベーロ

2018/03/02         

頭部移植のパイオニアであるセルジオ・カナベーロ医師。昨年9月にフェイスブックで2017年内の手術実施はないことと、患者をロシア人から中国人に変更することを明らかにしました。手術は文字通り、患者の頭部を切り離し、ドナー(死体)の体に移植するっていうもので、ブラックジャックの世界です。これまでにイヌやサルなどで実験を重ねてきたと言ってますが。。。。この時は、患者のロシア人の「少なくとも手術から生還する」と...