Article

        

落ち武者若狭勝氏主宰 輝照塾の行方

2017/ 11/ 22
                 
週刊文春(11月30号)に落ち武者弁護士、若狭勝氏の記事が

出てました。
週刊文春(11月30日号)

題して『おらぬ算用』ww

こんなちょっとしたネーニングうまいです。

その内容は若狭勝氏主宰の輝照塾のお話で

◆11/18に輝照塾の第二回の講義があった
◆その日の講義には90名の受講者が集まった
◆落選後、参加者に問い合わせたところ110名が続けてくれる意思を示してくれた

最後に、政界をめざす者にとって若狭塾長は最高の「反面教師」かもしれないと〆てますw

小さな記事ですが、若狭氏が総選挙で大差で落選したため当然閉鎖かなと思っていたので割と面白い内容でした。



輝照塾と言えば、まだ勢いのあった小池百合子氏を講師に招いて第1回の講義を9月16日に実施してます。

その時の受講者が200人くらいだったので、半分も残ったのは意外ですね。

未受講の講義代は返却してくれる仕組みですから、全然集まらずに第1回で終了かなと思ってました。

その費用はいくらだったけ?

HPに出てました。

輝照塾の費用



◆入塾選考料 2000円
◆入塾金 1万4000円
◆受講料 3万6000円(全6回分。1回当たり6000円)

総額5万2000円と割とリーズナブルですね。

1回当たり2万も3万も取るセミナーも多い中で6000円は安い

これくらいなら、話のネタに聞きに言ってもいいかなって思いますね。


関連記事
                         
                                  

コメント