Article

        

週刊文春(1月18日号):『「貴乃花はクスリをやってるみたいに異様」と吹聴していた池坊保子』

2018/ 01/ 12
                 
10代の若手行司(もちろん男)へのセクハラ行為が発覚した立行司、式守伊之助。

懲戒処分を協議する臨時理事会を13日に開くようですが、すごいネタですw

現在、最高位の木村庄之助が空位となっているので、実質トップの式守伊之助・・・

何せ本場所の番付表でも真ん中に名前が出ているほどです。
番付表 式守伊之助

去年の11月の『プロフェッショナル 仕事の流儀』に当の式守伊之助が出ていて

脇差は差し違えると切腹覚悟、立行司のみが身につける責任の証し

今も真剣勝負の世界で闘っている

と格好良かったけど・・・

その翌月の12月には、このセクハラに及んでいたとはw

こんなことしてもなお、『自ら辞任』ってしないのかな?

普通の組織だったら、「馘首(クビ)」にはならないまでも、その役職に留まる事はできないでしょう。

ねえ池坊保子議長&八角理事長ww




まだまだ話題沸騰の大相撲協会ですが

今週発売の週刊文春(1月18日号)に関連記事が出てました。
週刊文春 1月18日号

題して

『「貴乃花はクスリをやってるみたいに異様」と吹聴していた池坊保子』



これはまたキャッチーなタイトルです。

一時期は、清原和博につづいて、「元アスリートX」と噂はありましたが・・・

文春の記者が150分にわたり、相撲協会の池坊保子 評議員会議長にインタビューしたというもの。

記事の内容は

◆貴乃花親方が「著しく礼を欠いた」という発言は、評議員会の相違ではなく、池坊氏の私見だった

◆池坊氏は貴乃花親方憎しで理事解任より重い「部屋取り潰し」を考えていた

◆文科省の副大臣時代は「人使いが荒く、省内の評判は悪かった」「部下の官僚が新聞で大きく扱われると『私より大きく載っている』と怒る」

◆省内では「出来の悪い田中真紀子」と言われていた

◆「貴乃花さんはクスリをやっているんじゃないかというくらい変なのよ」と池坊氏は周辺に漏らしており、この「怪情報」の出所となっている

とまぁ、こんな感じの記事ですが、ここまでは池坊氏へのインタビューではなく周辺情報のようです。


肝心のインタビューでは池坊氏は

貴乃花親方ががクスリをやっているとの怪情報の出所は池坊氏ですかとの質問に
◆そんな噂は流しません。
◆ただ「そうかしらんって言っている人もいるくらい、なんか異様よ」ということは言いました。
⇒どうも、やっぱり出所はこの人のようですがww

白鵬の万歳については
◆万歳が悪いとは思わない。品格って思い浮かぶのは天皇、皇后くらい。(他に)品格があると思う方っていますか
⇒横綱の絶対条件の「品格」を否定するかの回答(驚
⇒神事である大相撲を根底から揺るがす発言が当の評議員会議長から出るとはwww

白鵬の「貴乃花巡業部長なら巡業に参加しない」発言は「礼」を欠いてない?
◆規則を守らない人に対して「自分はその下で働けません」というのはわかる気がする


白鵬の張り手やかち上げの取り口について
◆張り手というルールがあるんでしょ。
モンゴル人は狩猟民族。勝ってもダメ押ししないと殺されちゃう。良く悪いは別にしてDNAかもしれない。

◆白鵬は減給処分をうけたとき泣いていた。悔しい思い、いろんな思いがあったんだろうと思います。

◆日馬富士はかわいそう。辞めさせたくなかった。

とこんな感じ。。。


文春の記者の誘導に見事に引っかかった感のある池坊保子ですが、ワイドショーや会見を見ていれば「そのまんま」と言えなくもない。。。

貴乃花親方は八角理事長へ「著しく礼を欠いた」と断罪した池坊保子議長

一方で「狩猟民族だからしょうがない」「自分はその下では働けません」は「わかる気がする」とは・・・

ダブルスタンダード丸出しの不公平な対応には、誰しも納得しないでしょう。

さらには、「品格」不要の爆弾発言。

「品格不要」「ルールに従えばなんでも有り」では、もはや大相撲は「神事」ではなくなるんですがねぇ

「星の貸し借り」という八百長に加えて、大相撲から「神事」を取ってしまえば、もはや「プロレス的なショー」となってしまう。。。


一連の騒動では、池坊保子は、あらゆる面で評議員会議長という重責を担う資質に欠けると確信した次第でした。。。


関連記事
                         
                                  

コメント