Article

        

週刊文春(3月29日号)倉持弁護士元妻 慟哭手記とガソリーヌ山尾の顔テカテカ

2018/ 03/ 26
                 
週刊文春(11月2日号)の総選挙結果特集から5か月ぶりにガソリーヌ山尾氏が帰ってきましたw

倉持麟太郎弁護士とのW不倫については半年前の9月に文春砲が炸裂。

週刊文春の9月14日号9月21日号と2週連続でぶち上げました。

大ネタだったんで、「即、退場コース」かと思いましたが、昨年の10月22日の第48回衆議院議員総選挙では脅威の粘りを見せて、わずか834票差で辛くも当選


【愛知7区】
当選:山尾志桜里:12万8,163票
次点:鈴木淳司 :12万7,329票


無効票が1万1千票以上もあり物議を醸しましたが、勝てば官軍とばかり

『公私にラインを引く』と高々に宣言。

プライベートな事には一切答えないばかりか、翌11月には件の倉持麟太郎弁護士を政策顧問にするという離れ業を繰り出してます。

「有権者に対して説明責任は果たしている」
「男女の関係はありません」


の少々無理筋ながら、全ツッパで押し通し切ったところは凄かったww

スゴい女です。まさに女傑ですね。

しかし、文春も雌伏すること半年。。

先週発売の週刊文春(3月29日号)に半年ぶりに倉持麟太郎弁護士とのW不倫の続報が掲載されています。

週刊文春3月29日号


題して

『倉持弁護士元妻 慟哭手記「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」』


ちょっと内容が生々しくてアレですが・・・まとめると

■倉持麟太郎弁護士は8月に左脳大脳動脈狭窄症と診断された妻に実家に戻ることをしきりに薦めたので妻は2歳の息子を連れて行った。

■妻が病気で帰省すると、同じ8月に速攻で山尾志桜里氏を自宅に連れ込んだ

です。

この時系列と妻が翌月9月に自宅へ戻った際の物証を中心に記事となってます。

手記によると

■当時「(倉持弁護士)夫妻の夫婦関係は冷え切っていた」は全く事実ではない。

■8月14日、身体に異変が起き「左脳大脳動脈狭窄症」と診断され、このまま放置すると「脳梗塞」になると言われた。このため、夫に勧められて療養のため実家に帰省した。

■妻が帰省して不在となった自宅に山尾志桜里が泊ったのを文春が写真に収めたのが8月28日
■山尾志桜里が自宅にお泊まりした翌日8月29日に、結婚してから一度もしたことのないのに「シーツを洗った」というメッセージが夫から来た。

■不審に感じ9月1日に連絡せずに自宅へ戻ると、寝ているだけでは絶対にならないベットカバーのズレや夫が食べないハズのポテチなどが置かれ、リビングに飾ってあった披露宴のウェルカムボードがクローゼットに隠されていた

風呂の排水溝が綺麗に掃除されていた。

などなど

■結局、9月7日文春砲(9月14日号)により全てが繋がることになるワケですが、夫を問い詰めると、家に帰ってこなくなり10月1日に、突然、離婚を突き付けられた。

このW不倫についてはそもそも「真っ黒」だったワケですが更に追求しているというか、真っ黒の裏付けですな、コリャ。。。

元妻は子供の親権も倉持弁護士に奪われています

病気で心身喪失状態にある妻に離婚を迫り、翌11月には、これまた速攻で子供の親権をゲットする手際の良さは、さすがはやり手の弁護士です。

奥さんは病気で収入もないのでそうなっちゃいますがね・・・

倉持弁護士は、自分に非があるのに離婚を迫り、子供の親権も奪う気なのに

「今、ここにきて文春になんていったら●●●(長男)も含めて破滅だからね。そんなこと間違っても考えないでね」
というLINEでメッセージを残しているところは詰めが甘いと思いますが、それだけ余裕がない状態だったんでしょうね・・・
倉持 ライン


鬼畜のような所業で、奥さんについては、気の毒の一言ですが、そもそも離婚協議ではこんなのもよくあるハナシでしょう。

しかし、国会議員であるガソリーヌは、もはや「前に出るしかない」という状態でしたからまだしも

倉持弁護士は、よくもまあ政策顧問なんて受けましたね・・・・

当時は、世間の話題をさらっていた上に、病気の奥さんから親権を奪いバッサリ見捨てるというハナレ技をくり出していた最中だったのに。

この男も相当「太い」人なんでしょうね・・・スゴい女と太い男・・・案外合っているかも


記事によると元妻は、ガソリーヌに慰謝料請求をする予定のようです。

文春の記事が出てから、倉持弁護士は「守秘義務条項に違反した」として、元妻が子供に面会することを拒否していると報道されてますね。。。

ガソリーヌは、さまざまな逆風を物ともせず突き進んでいますが、如何せん聞こえの悪すぎるネタです。

私にしかできない「 子育て・教育支援 」をやらせてください

と言い続けているガソリーヌにとっては打撃が大きいでしょうね。

今後裁判になって、ガソリーヌが出廷を命じられたら目も当てられない状況になるでしょうし・・・

このW不倫騒動については、擁護一辺倒だったゴー宣の小林よしのり氏もさすがに今回は、全面擁護というわけにはいかなかったようで、

小林よしのり ゴー宣



元妻が気の毒になる。なんで「手当て」しなかったんだろう?
心神耗弱のままのシロウトを相手に、契約観念のみで、カタをつけようとするのは無理がある。

とブログでコメントしてますね

まあ、それでも
倉持氏はまだ役に立つ。まだ役に立ってもらう
・信頼を得るには時間がかかるが、踏ん張って行動で示すしかなかろう。

と〆てますが・・・



それにしてもガソリーヌは、最近、顔がやたらとテカテカしてますねw

山尾 顔テカテカ


これについては、諸説あるみたいですが、

◆ホルモンバランスが良い証拠
◆心技体が整っている状態


なんて良い状態とする説がある一方で

一般的には、テカリ顔を防ぎたいと思う女性が多いようで悪い状態とされてます。

原因は

◆過度な洗顔
◆肌の保湿不足
◆食生活の乱れ
睡眠不足
ストレス

などなどと言われているようですがガソリーヌはどっちなんでしょうww

今、総選挙となれば「落選確実」でしょうけど選挙はまだ当分先ですので「即、退場」とはなりそうにありません。。。しかし

この記事と慰謝料請求についての展開次第ですが、テカリがなくなるとしたら

充実の「テカリ」⇒今回の文春砲⇒ストレス等により「テカリ」減少

となり、テカリは充実の証だったことになるのかな?

今以上にテカリだしたら、テカリは悪い状態だったということでしょう。

ガソリーヌに見る「顔のテカリの原因検証」も要注目のネタということでwww


関連記事
                         
                                  

コメント