Article

        

天然とんこつラーメン専門店 一蘭 790円変わらずでした

2018/ 07/ 27
                 
一蘭ラーメンを食べてきました。

またまた、久しぶり。。。

2年振りくらいかな。

一蘭ラーメン

790円也です。



一蘭といえば、言わずと知れた天然とんこつラーメン専門店。


去年、ラーメン100円値上げして890円になるって聞いてましたが、790円でした

一蘭 販売機




最初にスープの濃さとかネギの種類とか麺のかたさとかを選べます。

一蘭 お好みシート

一蘭はファンも多いんですがアンチも多い。。

ペラいチャーシューに、麺の量も少なめ。。。

それで790円に替え玉が190円という強気な値段設定。。。

なんだかんだと批判も多いです。



いつもは替え玉するんですが、今日は早めの飲み会を控えていたので替え玉なしの790円ポッキリ。

ちょっとチープなチャーシューも好きな味なのでおいしく頂きました

一蘭とんこつ


普通にうまかった!!!

まあガッツリ食べたい人は量も足りないし、チャーシューも本格的じゃないというのはわかる。。

まあ、好みの問題ですな。



一蘭と言えば

一人ひとりに仕切られたブースが特徴です。

一蘭 個人ブース

個人ブースの中に水のサーバーもついてます。

一蘭ひとりひとり仕切りブース


食ったらさっさと帰る仕組みなんで女性や一人客が多い印象です。

女性でも入り易くて、替え玉も隣の人にわからないように頼めるシステムなんで

人目を気にする女性やコミュ障気味の人も安心して食べられるのが受けているのかな?


一蘭の特徴




博多が発祥の地で1993年創業

一蘭 福岡本社

ラーメン一本で派手な本社ビルまで建ててます。

福岡の人には評判良くないみたいですが・・・(派手すぎるから?)


アメリカ、香港、台湾にそれぞれ2店舗と海外展開もしている有名なチェーン店なんで全国にあると思ってましたが、意外にも九州・沖縄から関東まででした。

一蘭 店舗


ホームページを見ると2018年4月時点で77店舗だそうです。
(従業員は234名でパート5,786名)


創業からわずか25年で2017年の売上はナント220億円


単価も高いし、個人ブースは回転率が上がるので儲かっているんじゃないかな?

一蘭の特徴は、一人ひとりに仕切られた個人ブースですが、地味に凄いのが「食中毒対策」と称するリスク管理

客に出したのと同じラーメンを各店舗の従業員が1時間に1回試食しているそうです。

誰がいつ食べたかをすべて記録として残して、お客が腹イタや食中毒を起こした場合に備えて、当日同じ時間帯に試食した従業員に聞き取りを行うとのこと。

創業以来一度も食中毒などの食品衛生事故は発生してないので実際に従業員への聞き取りはする機会もなかったのでしょうが・・・

コレって「食中毒対策」じゃなくて、「風評リスク対策」じゃないですか???

「同じものを食べた従業員はなんともありませんでした」

っていうためにww


まあ、美味しければ何でもいいんですが。







関連記事
                         
                                  

コメント