Article

        

最強のパスポートランキングで日本が単独1位

2018/ 10/ 12
                 
今週(10/9)、最強のパスポートランキングが発表されました。
パスポートランキング

世界でどれだけの国がビザなしで入国させてくれるかを「パスポートの強さ」としてランキングした「The Henley Passport Index」で、日本が単独1位となった模様です。

なんと調査した199ヵ国のうち日本のパスポートは190ヵ国でビザ不要と言う結果。

日本も含めて199ヵ国なんで、ビザが必要なのは、あとわずか8ヵ国という圧倒的な強さです。

但し、このランキングの「ビザなしで入国できる国」っていうのは全くビザが不要な国の他に、アライバルビザのような「現地の空港や国境でビザが取得できる国」も含まれているので要注意。



さて、残りの8カ国ってどこなんでしょう?

思いつくままに上げてみても

北朝鮮
ブータン
パキスタン
アフガニスタン
スーダン
リビア
コンゴ
赤道ギニア
カメルーン

ん?

まだありそうなのに。これでもう9カ国になりますが???

きっとこの中にも現在では、アライバルビザが取れる国があるんでしょうね・・・


ちなみにランキングを発表しているのは英コンサルティング会社ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)

このヘンリー・アンド・パートナーズは、在留資格や市民権を取得するアドバイスを行ってます。


早い話が、合法的に「第二の国籍を持ってリスクに備えましょう」的な商売です。


お客は、政情不安やテロの危険、渡航制限などモロモロのリスクがある国籍の人のようです。

この「The Henley Passport Index」の上位にランキングされている国のパスポートを持っていると安心ですよってのが売り文句ですね。

と言うよりは、ずばり、万一、自国でパスポートの更新を拒否られたり、紛失したりした時も2つ目を持っておくと「すぐに脱出できます」ってあからさまな事を言ってますな。

この会社のHPを見るとおススメは5位グループのオーストリアと6位グループのスイス。

今の国籍や欲しい第二国籍によってバラバラなんでしょうが費用の目安的な資料は乗ってませんね・・・

お金持ち相手ですから「いくらかかってもいい、金に糸目はつけない」って感じなんでしょうか?

いずれにしても、世界には凄い商売があると感服した次第です。


【上位5グループ】
1位 日本       190ヵ国
2位 シンガポール 189ヵ国
3位 ドイツ      188ヵ国
    フランス
   韓国
4位 デンマーク   187ヵ国
   フィンランド
   イタリア
  スウェーデン
  スペイン
5位 米国      186カ国
    イギリス
   オーストリア
   ノルウェー
   オランダ
   ルクセンブルグ
   ポルトガル

【下位5グループ】

1位 イラク   30ヵ国
   アフガニスタン
2位 シリア     32ヵ国
   ソマリア
3位 パキスタン 33ヵ国
4位 イエメン    37ヵ国
5位 スーダン    39ヵ国
   エリトリア
   パレスチナ
関連記事
                         
                                  

コメント