Article

        

トランプ支持の背景。移民の流入によるアメリカの人口増加。

2017/ 06/ 27
                 
昨日(6/26)米最高裁が中東・アフリカのイスラム圏6カ国、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンから入国禁止を条件付きながら認めました。

下級審での大統領令の差し止め命令では、アメリカは三権分立が機能している、司法が行政を牽制できているとか言ってましたが、あやしい雲行きです。

10月以降に最終判断をするまで間、米最高裁は「米国内の人物や組織との正当な関係」をもたない人物について、大統領令の執行を認めるという内容です。
ちなみに正当は関係とは「米国の大学への入学を許可された学生や、米国内の企業に採用された従業員」などのようです。

トランプが勝った大統領選の時とアメリカは変わったか?


トランプ政権の信任投票と騒がれた6/20の下院補欠選挙ではトランプ率いる共和党がジョージア6区を制し勝利しました。
「ロシアゲート」で窮地に立たされているトランプですが、5月の中旬に38%という最低を記録して以降は支持率は、下げ止まっており、今月の6月に入って40%を回復してます。

就任半年で支持率40%はアメリカ大統領としては低いとは言え、政権を維持するには足る数字です。
(オバマは確か最後まで40%を維持しましたが、パパじゃない方のブッシュは最後30%を切ってましたし)

そもそも一部の富裕層への富の集中と移民に職を奪われた貧しい白人の怒りという構図に変化はないのでトランプの違法性が明らかにならない限り大勢に影響はないと言えます。

アメリカの人口の推移


(単位:百万人)
1987年 242.8
1997年 272.8
2007年 301.9
2017年 325.7
なんと、30年で8000万以上も人口が増加しています。こんな先進国は他にはないですね。

参考までに日本について見ると
厚生労働省が今月6日(6/6)に平成28年の人口動態統計月報年計(概数)を発表しましたが、出生数初めて100万人を下回り、
97万6,979人で過去最少を記録してますね。合わせて発表した合計特殊出生率は、1.44です。
既に2011年から日本は「出生数よりも死亡数の方が多く」継続して人口が減少していく人口減少社会となっていますが、
(単位:百万人)
1987年 122.0
1997年 126.0
2007年 127.8
2017年 126.7
と20年30年前と比べてほとんど増加してませんし、10年前よりも減少しています。

一方のアメリカの出生率は1.86(2014年)で日本に比べると高いもののやはり2を切っています。
人間は何十年も生きるので人口は2を切ってもすぐに人口が減り始めるわけではないですが、このアメリカの人口増はやはり移民の受け入れによるものです。
アメリカはそもそも移民の国で移民をどんどん受け入れているため、人口は右肩上がりに増加しています。

現在、アメリカでは上位1%の人口に富の過半が集中しているといわれており、金持ちが優遇され、格差が大きくなってきています。
金持ちと貧乏人の経済的な差がどんどん広がっており、その経済格差は固定される傾向になっています。
そもそも、トランプを支持した白人は従来型の農業や製造業という生産性が大して高くない、人手に頼る業種が多く、人件費の安い発展途上国に勝てません。
一方で都市部にある金融や情報産業(グーグル、マイクロソフトetc)などの先進型産業は生産性が高く儲かります。

経済格差は固定傾向


【生産性の低い従来型産業】
移民が大量に入ってくるので移民との間で働き口の取り合いになる。
親が失業→子の学費が払えない→子が低学歴となりまともな職につけない→更に貧乏

【生産性の高い先進型産業】
親が金持ち→子の教育水準が高い→子が高学歴・高能力となり更に金持ち

今までのアメリカは自由の国であり、「アメリカンドリーム」という言葉があるとおり、誰でも自由競争の中で成功して金持ちになることが社会で許容されてきました。
しかし、ここ何十年で、あまりにも格差が広がりすぎた上に、このように流入してきた移民に職を奪われる白人が多く出てきました。
その上、更にその子供世代まで貧困層に固定化されそうなため、古いアメリカ人が怒り出したんですね。

「アメリカンドリームを信じるか」という質問で「YES」と回答する若者が半分以下となってきています。

こんな背景から、トランプが「メキシコとの国境に壁を築く」「イスラム教徒は出禁」など無茶苦茶なことを言えば言うほど、こいつなら「今の状態を変えてくれる」と古い白人の共和党を中心に思われたようで当選したんですね。

つまり、この図式が変わらない限り、依然としてトランプの支持者は離れないと言えます。
まだまだ混乱が続きそうな雰囲気にあります。


                         
                                  

コメント