Article

        

ガソフリーヌ山尾に止めの文春砲

2017/ 09/ 14
                 
本日発売(9/14)の週刊文春(9月21日号)。
週刊文春9月21日号

先週の文春砲について、一方的な会見で「事実無根」「相手男性とは男女の関係はない」
と否定してみせたガソリーヌ山尾ですが、予想どおり第二弾の文春砲にさらされることになりました。

これでWフリーヌ山尾となりガソリーヌとの合体でガソフリーヌ山尾ということになりそうです。

会見では、「ホテルには一人で泊まりました。」
なんていってましたが、第二弾で早速、二人で泊まっていた証拠を突きつけれました。

先に入ったガソフリーヌの部屋に20分後、お相手のイケメン倉持麟太郎弁護士が「コッショリ」入る写真が掲載されてます。
さらに泊まった部屋の写真も出ていて、部屋のサイズは21㎡
でかいダブルベットと小さな円卓に椅子は1脚しかない。
これでは政策立案や質問作成といった「打ち合わせ」はできない。

なんて暴露されてますね。。。
これはガソフリーヌの反論を見越して用意してましたね文春編集部特集班

窮地に立たされ続けるガソフリーヌwww

かつてゲス不倫の宮崎議員について、さんざんこき下ろしていたガソフリーヌですから
「どーにもこーにもならない」ってとこでしょうかww 

しかし、記事で倉持麟太郎弁護士について
「女グセが悪い」
「婚約不履行(下積み時代に結婚を約束していた同棲中の婚約者に対して)」
「病気療養中(脳梗塞)で実家に帰っている妻の留守に自宅でガソフリーヌと不倫」
なんて詳しく書かれてます。

倫理や道徳的にもゲス行為とは言えるんでしょうが、コメンテーターもしているとは言え、公人でも芸能人でもない一介の弁護士さんです。
これはちょっと遣り過ぎな感もありますねえ。。。

また、今回、前原代表にも文春砲が向きました。

・前原誠司民進党代表 北朝鮮美女のハニートラップ〈疑惑〉
・北朝鮮の景勝地「妙香山」で美女の肩を抱き、頬を寄せ合う前原氏。女性に下半身を押しつける写真もある。
・移動はベンツ、国賓級ホテルで厚遇を受けたというが、彼はいつ、何の目的で訪朝したのか。


まあ、この北朝鮮美女との2ショットはかなり親密な感じですが、実際にそれ以上のネタは今のところ載っていません。
全てお外での写真ですし、ホテルで2人きりになっていたとかじゃないので、「浮気(不倫)」と断定するには無理がある。

ダメージは限定的でしょうね。
時系列的にこの訪北の後、、言動が「北朝鮮に融和的になった」とかあるようですが、少々ネタとしては弱い。

1999年とかなり過去の話ですし、この記事を受けて前原代表がなにか北朝鮮に直接・間接でも便宜を図るようなネタが新たに出てれば「文春砲炸裂」ってことになるでしょうけど。。。。

今後に期待ってとこでしょうか。

さて、この後、前原代表に土俵を割らす第二弾があるのか?

ありそうですが、乞うご期待。。。。
関連記事
                         
                                  

コメント